2017年9月 よりどり6本1万円

南フランスで今最も注目度の高い造り手といえば、ヴィニョーブル・ブルニエ。よく評価誌で目にするブルニエ兄弟とは彼らのことです。そんな彼らの名前が一躍世界に広まったのは、 「2005年 シャトーヌフ・デュ・パプ ラ・クラウ ルージュ」が、ワインスペクテーター誌の「2008年 年間TOP100」において見事世界第5位にランクインしたことがきっかけでした。その後、2007年ヴィンテージは、「2009年 年間TOP100」で世界第3位に選ばれ、その地位を不動のものとしました

そんな、彼らが造るワインには、ブドウの個性を活かしながらも、スッと背筋が伸びるような佇まいの凛とした美しさや、しなやかなバランスのよさ、といった印象が必ず感じられるのです。透明感や繊細さを感じさせるのは、彼ら兄弟のスタイルそのものと言えます。 元々フランス国内での信頼は厚く、タイユヴァンやピエール・ガニェールをはじめ、あらゆるミシュラン星付きレストランのワインリストの常連であり、現地の高級レストラン御用達の実力派の生産者ですが、数多くの世界的な評価を獲得したことで今や南仏きっての名門ワイナリーとしての地位を確固たるものにしています

ブルニエ家の歴史は、古く1898年まで遡ることができ、現オーナーの曾祖父にあたるヒポリット・ブルニエ氏が、シャトーヌフ・デュ・パプの南西にあるベダリッド村でブドウ畑を購入したのがはじまりです。 2代目のジュール、3代目のアンリ氏が、ブドウ畑を55haまで拡大し、一番初めのワイナリーとなる「ヴュー・テレグラフ」を確立。 代々畑を少しずつ増やしてきた一家の4代目に当たる、ダニエルとフレデリック兄弟が現在丹精込めてワインを造っています。
シャトーヌフ・デュ・パプではヴュー・テレグラフと、ドメーヌ・ラ・ロケットの2つのワイナリーを設立した他、ジゴンダス、ヴァン・ド・ペイのワインも生産、そして、遠く中東レバノンでもワイン造りを行い異なるワイナリーの名前でワインをリリースしつづけています。 熱心な取り組みと強い信念のもと、いずれのドメーヌからも ハイレベルなワインが生み出されています。

ヴィニョーブル・ブルニエの発祥の地であり、フラッグシップとなる「シャトーヌフ・デュ・パプ ラ・クラウ ルージュ」を造り出しているワイナリーが、「ヴュー・テレグラフ」。 1898年に設立、シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンにある5つの村のうちの一つ、南東端にあるベダリッド村に本拠地を置いています。電信機の発明者がその土地に電信塔(テレグラフ)を建てたことにちなんで、「ヴュー・テレグラフ」と名づけられました。

その畑に訪れると驚くべき光景が広がっています。表土が見えないほどに、丸いこぶし大の石が地表を覆い、その中から、太く大きくうねったブドウの樹が力強く伸びています。この石はシャトーヌフ・デュ・パプの大きな特長で、この石のおかげで、平地でも水はけがよく、熱を反射しながら保温も出来るといいます。

そしてワイン造りは、人の手による収穫、2回にわたる厳しい選別に始まります。機械を使うことによって起こるブドウへのストレスを減らすため、 除梗機にかけられるまでポンプやパイプは使用しません。 除梗された後、温度管理されたスチールタンクと木桶にてアルコール発酵、空気圧ポンプで柔らかくプレスを行った後にマロラクティック発酵。これらの工程は約4週間に及び、段階を踏んだ長期間の醸しを行うことで、 アロマティックで凝縮感に溢れたワインが出来上がるのです。

そして最も驚くべき点は、これら全ての作業をブドウ品種や樹齢ごとに細かく分けて行い、個別のキュヴェを造っていること。シャトーヌフ・デュ・パプは13品種ものブレンドによって造られることを考えると、それがいかに手間暇をかけて造られるものかが分かります。一年後、個別に作られたキュヴェを、最適なバランスでブレンドし、やっとシャトーヌフ・デュ・パプが出来上がります。



そうして造られるヴュー・テレグラフのワインは、シャトーヌフ・デュ・パプのテロワールをそのまま表現した伝統的な造りでありながら洗練されたバランス感覚を備えた美しい仕上がり。 ブラックベリーやラズベリーなどの果実やほのかなスパイス、海藻、ミネラル、ハーブなどの豊かなアロマと、 口にしたとたん、スッと背筋が伸びるような佇まいの、凛とした美しさを感じます。ローヌのワインの印象を覆すような、繊細で上品な味わいは、まさにシャトーヌフ・デュ・パプの最高峰と言えるでしょう。

2011年は夏のような暑い春、春のような穏やかな夏を経て、冷害や雨もそれほどでない理想的な秋を迎えました
そしてブドウが最高の熟度に達するまで収穫を待った結果、テロワールの個性が十分に表れたブドウが実りました。
豊かな果実味と酸味とのバランスが取れ、熟成能力も持ち合わせたヴィンテージです。

出来の良い年しか造られない、ヴィニョーブル・ブルニエの名前を世間に知らしめたトップキュヴェ
艶のあるレンガ色。豊かな赤黒系果実やスミレ、ハーブなどの華やかな香りが溢れるように漂います。
しっかりとした骨格の中に雑味の無い果実味と綺麗な酸があり、透明感のある外観からは意外なほどの凝縮感を感じます。
エレガントな余韻が長く続き、気品溢れる香りとブドウ本来のピュアな果実味を愉しめる1本です。

ヴィニョーブル・ブルニエが所有する2つのワイナリー、「ヴュー・テレグラフ」と、「ラ・ロケット」のセカンドラベルとして、それぞれの畑の若木のセレクションから造られるキュヴェ。
ワイナリー名の「TELEGRAPHE テレグラフ」も、このワインの名の「TELEGRAMME テレグラム」も電信、電報という意味で、兄弟ワインとしてシャレの効いた名前が付けられています。
ラズベリーやブラックチェリー、ラベンダーなどの華やかなアロマ。
ひと口目は、ややアルコール感を感じるもののとてもデリケートで繊細な口あたりで、
時間と共に燦々と降り注ぐ太陽の恩恵を受けた、ボリューム感のある果実味やスパイスのニュアンスが現れます。
黒系果実やなめし皮、カラメルなどの多彩な要素を程良い酸がまとめ、飲むたびに温かみを感じる仕上がりとなっています。



指定した条件に該当する商品はありませんでした。検索条件を変更の上、再度ご検索ください。

関連リンク

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ