フランシス・フォード・コッポラ ワイナリーは、ゴッドファーザーなど数々の名作で知られる映画監督のフランシス・フォード・コッポラ氏により2006年にカリフォルニアに設立されたワイナリー。 コッポラファミリーは数世紀に渡ってワイン造りを行っており、コッポラ氏の祖父であるアゴスティーノ氏はニューヨークにあった家の地下で、自家製のコンクリート発酵槽を用いて日常消費用のワインを手掛けていたことでも知られています。
そんな環境で育ったコッポラ氏によるワイン造りは1975年、ナパヴァレーで最も古いワイナリーイングルヌックの畑の一部を購入したことから始まりました。フラッグシップのワインは、ワイナリー名ともなっているイングルヌック。ブドウ栽培は有機農法を積極的に取り入れ、畑は小ロットごとの管理を実施。シャトー・マルゴーで11年もの間エステート・ディレクターを務め続けた醸造家、フィリップ・バスコール氏を招き入れ、醸造方法にはボルドーの伝統的な技法を用いるなど徹底したワイン造りによってカリフォルニアのプレミアムワイナリーの地位を築き上げ、オーパス・ワンやドミナスなどと並ぶ存在となりました。
イングルヌックで成功を収めたコッポラ氏が次に目標としたのは、様々な食事のシーンで幅広く一緒に楽しめるワインを手掛けること。その為に、ナパヴァレーに並ぶカリフォルニアの銘醸地でより冷涼なソノマに、新たにフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーを設立。イングルヌックで培った経験を活かし、いずれも高品質なソフィア、ダイヤモンド・コレクション、ロッソ&ビアンコ、ヴォトル・サンテ、エノレア、ディレクターズ・カットというコンセプトの異なる6つのブランドシリーズを手掛けています。

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーで手掛ける6つ全てのブランドシリーズの醸造を任されているのが、コーリー・ベック氏。 カリフォルニア大学デイヴィス校で発酵学の学位を取得後、ナパヴァレーに戻りカリフォルニアワインを世界レベルの評価に押し上げたシャトー・モンテリーナのセラー・マスターを担当。1998年にイングルヌックワイナリーの前身であるニーバム・コッポラに入りアシスタント・ワインメーカーとして勤務し、 2006年にワイナリーが設立されるとともに、醸造責任者兼ワイナリー総支配人に任命されました。畑の管理や環境保全の指示だけでなく、ワイナリーの新しい醸造設備や醸造オペレーションを総轄。現在は有機栽培の認証を得るための準備に尽力しています。

6つのブランドシリーズの中で「最も繊細で優美」と賞されるのが、愛娘ソフィア女史の名前を冠した「ソフィア」。コッポラ氏が愛娘の結婚の際、そのお祝いとして「シャンパーニュのように泡が強すぎず、値段もお手頃なワイン」というソフィア女史のリクエスト通りのワインを手掛けたことから始まり、ソフィアシリーズを代表するブラン・ド・ブランが誕生しました。その後もソフィア女史が好む、アルコール度数が強すぎず優しい飲み口のワインを生み出すべく、数年をかけて他の品種を醸造。現在では、ブラン・ド・ブランを筆頭に、リースリング、ロゼ、そして2012年ヴィンテージがファーストリリースとなるシャルドネを含めた4つのワインを手掛けています。

ソフィアシリーズの繊細な味わいを形成するブドウは、カリフォルニアの中でも冷涼なモントレー・カウンティの畑から生み出されます。 モントレー・カウンティはサンタ・クルーズ・マウンテンの南に位置し、太平洋岸に沿って南北約130km、内陸に約80kmも広がる広大なワイン産地。沿岸からほど近いため海風の影響を受け、朝晩には気温が下がり、夕方には畑は霧に覆われます。その気候の恩恵を受け、ブドウは過熟することなくゆっくりと成熟。結果として十分な果実味ときめこまやかな酸、豊富なミネラルを備えたブドウが結実します。 そのブドウ本来の味わいを引き出すために、樽の使用率を抑えステンレスタンクで熟成。フレッシュで、果実の純粋な香りが楽しめるワインに仕立てています。
ソフィアシリーズのワインは、一貫して香り豊かで飲み疲れすることなくスムースに杯を進めることが出来る繊細で優美な仕上がりが特徴。しっかりと冷やして日々の食卓やホームパーティなど、幅広いシーンでお楽しみください。

コッポラ氏が愛娘ソフィア・コッポラ女史の結婚を記念して手掛けた、ソフィアシリーズを代表するスパークリングワイン。花嫁のベールをイメージした、ピンクのエレガントなラッピングで包まれています。 ブラン・ド・ブランは、モントレー・カウンティの北にあるアロヨ・セコの冷涼な畑のブドウを糖度が高くなりすぎず、適度な酸を保った状態で収穫。全房プレス機にかけ、ジュースはそのままステンレスタンクに移動、一次発酵が行われます。その後、シャルマ方式で二次発酵を行う前に、少量のリースリング、マスカットのワインをブレンドすることでワインに個性と複雑味を与えた、ユニークな組み合わせのブラン・ド・ブランです。
洋ナシやアプリコットなど様々な果実のアロマ。一口飲むとその柔らかで軽快な泡が柑橘系のフレッシュな香りとともに口中に広がります。程良く甘さのある果実味と細やかな酸とが絶妙なバランス感覚を保ち、洗練されたスタイルに仕上がっています。
ブドウ品種:ピノ・ブラン、リースリング、マスカット

2012年がファーストヴィンテージとなるこちらのシャルドネ。ブドウ本来の味わい引き立てるため80%をステンレスタンクで醸造し、20%は1度使用したフレンチオーク樽を用いることでほんのりとスパイスのアクセントを加えています。
次々と表れるジューシーな白桃や青リンゴ、スパイスなどのアロマ。味わいは豊富なミネラル感と瑞々しいピュアな果実味が特徴的で、全体的に上品な仕上がりとなっています。
ブドウ品種:シャルドネ75%、ピノ・ブラン25%

こちらのリースリングは、冷涼な地域ならではのシャープな酸と豊富なミネラルを備えたブドウの味わいを引き立てるため、シャルドネ同様80%をステンレスタンクで醸造、残りの20%は1度使用したフレンチオーク樽で発酵しています。
ジューシーな青リンゴやアプリコットなどのアロマに、しっかりとしたミネラルのニュアンス。果実の優しい甘みとリースリングの特徴であるシャープな酸を兼ね備えており、食事とも合わせやすいスッキリとした味わいが魅力です。
ブドウ品種:リースリング100%

まるで赤ワインのような濃い色合いが印象的なこちらのロゼ。ブドウの持つ旨味をしっかり抽出するため、ジュースと果皮を分ける前に約10℃の温度で48時間もの時間をかけてマセラシオンを実施。その後、爽やかな酸を活かすため低温を保ったまま発酵が行われます。
摘みたてのイチゴやバラの花びらのような華やかなアロマ。口に含んだ時に広がる赤系果実の香り高い風味が印象的です。フレッシュな酸がブドウのふくよかな旨味を包みこみ、全体を綺麗にまとめあげている1本です。
ブドウ品種:シラー、 ピノ・ノワール、 グルナッシュ

指定した条件に該当する商品はありませんでした。検索条件を変更の上、再度ご検索ください。

関連リンク

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ