冬の泡フェスティバル

南フランス、ローヌ地方南部において
シャトーヌフ・デュ・パプに次ぐ銘醸地と言われるジゴンダス。
グルナッシュを主体として造られる赤ワインは、
力強さと繊細さを持ち合わせながらも
価格は控え目であることが愛好家の心を掴み、
近年再び注目を集めています。

今回は、中でもワインアドヴォケイト誌とワインスペクテーター誌の
2大ワイン評価誌で全て90点越え!という
高得点を獲得するジゴンダスのみが揃いました。
ローヌの名生産者が手掛ける4銘柄を、ぜひこの機会にお楽しみください。

ローヌ河に沿って南北に長く広がるコート・デュ・ローヌは、「ルート・デ・ソレイユ(太陽の道)」と呼ばれるほど日照量に恵まれた地域。そのため、一口にローヌワインと言っても、北部と南部では造られるワインのスタイルは大きく異なります。北ローヌではシラーを、南ローヌではグルナッシュを主体としたワインを生み出しています。 中でも南ローヌにおいてシャトーヌフ・デュ・パプに次ぐ第2の銘醸地として知られるのが、ジゴンダス。グルナッシュを主体にシラー、ムールヴェードル、カリニャンで仕立てられるワインのスタイルは、香り高く、まるでシャトーヌフ・デュ・パプを思わせる力強さや繊細さを持ち合わせながらも価格は控え目という、ワインラヴァーにとって見逃せない生産地です。

シャトーヌフ・デュ・パプから東へ約20kmの場所に位置する中世の面影を残した美しい村ジゴンダスは、ギザギザとした白い岩肌が突き出した山々の裾野に広がっています。穏やかな丘陵地帯に広がる総面積約1,200haの畑は、石灰質の白い岩礫がごろごろと転がる土壌。斜面の日当たりの良さに加えて、樹の下の岩が光を反射し、さらに日中に岩に蓄えられた熱が、まるでカイロのように夜間もブドウ樹を温めてくれるため、力強い凝縮感を持った果実を生み出します。一方で、石灰質を多く含んだ土壌が独特のミネラル感を与え、柔らかで優美な口当たりを備えたワインに仕上がります。温暖で雨が少なく、この地域としては局地的に涼しい気候に恵まれていることに加え、ローヌ渓谷から吹きつける強烈なミストラルがブドウの房をしっかりと乾燥させるため、カビや病害を防いでくれるというブドウ栽培に理想的な環境なのです。

シャトー・ド・サン・コムを率いる14代目当主、ルイ・バリュオール氏は「ジゴンダスの天才」と評される人物。シャトー・ド・サン・コムは、ローヌでいち早く有機栽培を取り入れるなど、ジゴンダスをリードする存在でしたが、1992年にルイ氏が14代目を継いで以降、彼がリリースしたワインは各評価誌で高得点を連発。その名は瞬く間に世界中に知られるようになりました。ルイ氏はブドウが植えられている区画や収量を厳密にコントロールし、それまでジゴンダスでは行われていなかった全房発酵や独自のピジャージュを取り入れるなど、数々の改革を行い、他のジゴンダスと比較してより芳香に富み、凝縮感がありつつもエレガントな味わいを生みだすことに成功しました。このようにして、シャトー・ド・サン・コムは、一代にして瞬く間にジゴンダスのスーパースターに駆け上がったのです。

ジゴンダスで最古の500年という歴史を持つサン・コムの所有する畑は、ローヌ地方では唯一と言われている1,100年前の粘土と石灰岩が表出している多様性に富む土壌が広がっています。急斜面に位置する、大変水はけの良い独特の地形。この畑で平均樹齢約60年の古樹を栽培し、複雑味溢れるブドウを生み出しています。彼らのフラッグシップワインであるこちらのジゴンダスは、『ワインスペクテーター誌2012年』の「トップ100」にて、2010年ヴィンテージが第2位を獲得するという快挙を成し遂げ、世界のトップワインとして注目を浴びています。
長期熟成可能なワインを造るため、「ヴァルべル」と呼ばれる樹齢80年の古樹が植えられる畑から収穫したブドウを贅沢に70%も使用。除梗はせず、異なる品種を房ごと全て一緒に発酵し、15%を新樽、残りの85%を使用済みの樽で12ヶ月の熟成を行い、無濾過で瓶詰めします。ピュアな果実味の中にも見事な凝縮感を伴った濃厚な味わいが印象的な1本です。

【品種:グルナッシュ50%、ムールヴェードル30%、シラー15%、サンソー5%】

ドメーヌ・デ・ボスケは、1644年から続く由緒あるワイナリー。100年に渡りフランスの高名な一家であるラスパイユ家やガブリエル・メッフル社に所有されていましたが、1962年からシャトーヌフ・デュ・パプをはじめローヌに複数のワイナリーを所有する名門ブレシェ家の所有となりました。ブレシェ家は熟成カーヴを新設するなど次々とワイナリーを改革。2006年から現醸造長であるジュリアン・ブレシェ氏がドメーヌに加わってからは特に目覚ましい成果を上げており、ワインアドヴォケイト誌にて、「ジゴンダスを造らせると、右に出るものはいない。」と言わしめるほどに高く評価されるジゴンダスNo.1のワイナリーのひとつと言われています。

ドメーヌ・デ・ボスケの所有する畑には、約1億2500年前に形成された非常に古い地層に石灰質と青い粘土質が入り混じった特異な土壌が広がっています。ブドウ樹の平均樹齢は50年。区画ごとに厳密に管理を行い、あえて除葉は行わず、強い日差しを遮ることで果実をゆっくりと完熟させます。この特異な土壌と、収量を1haあたり25hℓと低く抑えることにより、香り高く凝縮した旨味を持つブドウを生み出しています。
熟成は、使用済みの木樽とコンクリートタンクで18カ月間。その後、別々に熟成させたワインをブレンドし、さらにコンクリートタンクで6カ月間落ち着かせます。このようにして生み出されるワインは、クリーミーな果実味と甘くしなやかなタンニンを持ち合わせた妖艶な魅力を放っています。飲み頃を迎えてリリースされますが、非常に高い熟成能力を持ち合わせているため、「いつ飲んでも美味しいワイン」として人気を博しています。また、熟成を経ることで、プルーンやブランデー、タバコのニュアンスが加わり、さらに深みのある味わいをお楽しみいただけます。

【品種:グルナッシュ 70%、シラー、サンソー、ムールヴェードル】

ヴィニョーブル・ブルニエ兄弟は、ローヌ地方で今最も注目を集めている造り手のひとり。彼らが一躍トップ生産者に仲間入りしたきっかけは、フラッグシップである2005年シャトーヌフ・デュ・パプ ラ・クラウ・ルージュが、ワインスペクテーター誌の「2008年 年間TOP100」において見事世界第5位にランクインしたことでした。その後も数々のワイン専門誌で高評価を獲得しており、いまやその地位を不動のものとしています。素晴らしいテロワールを尊重することを信念とし、トップクラスのワイン造りの技術を駆使して、エレガントで唯一無二の個性を持つワインを生み出しています。

ジゴンダスのアペラシオンの中でも最も北に位置するレ・パリエール。野性的なワインが多いと言われるジゴンダスの土壌で、彼らの本拠地であるシャトーヌフ・デュ・パプを思わせるような繊細なワインを造り出しています。
平均樹齢45年のブドウを使用して生み出される"ディアブル=悪魔"という名前のこちらのワインは、畑の位置する区画にある、まるで悪魔が現れそうなほどに曲がりくねった険しい道に由来しています。しかし、味わいはその名に反してジゴンダスの固定概念を覆すほどに繊細で柔らか。すべてのブドウを手摘みで収穫後、さらに厳選し、最初の10ヶ月間はタンク、その後大樽で12ヶ月間熟成させます。その後ノンフィルターで瓶詰めし、2年間の瓶内熟成を実施。凝縮していながら透明感を感じる果実味と柔らかなタンニンが魅力的な1本です。

【品種: グルナッシュ、シラー】

ローヌ随一のワインの目利きとして知られるミッシェル・タルデュー氏が手掛けるタルデュー・ローラン。自ら畑は所有しないものの、その優れた味覚と長年の信頼関係を活かして数々の優良生産者と契約し、古樹のブドウを用いたワインを手に入れ、個々の個性を最大限に活かすようワインを造り上げています。タルデュー・ローランの手掛けるワインは総じて繊細な酸が感じられ、柔らかく親しみやすい印象。まさにローヌワインの革新者の異名にふさわしい造り手です。

ネゴシアンとしてワイン造りを行うタルデュー・ローランは、赤ワインはアルコール発酵後すぐのワインを自社の専用樽やステンレスタンクで熟成を行います。樽は極力ロースト香を付けず、吟味したこだわりのものを使用。また、セラーでは「エレヴァージュ=樽熟成」の間に亜硫酸を添加せず、ほとんど手を加えません。澱引きの際にも濾過を行わずに瓶詰めするなど、極力ワインにストレスを与えないことで、それぞれのテロワールのエッセンスを保ち、ワイン本来の味わいを最大限生かすことに努めています。
こちらは、4つの畑の樹齢70~100年のブドウを一切除梗をせずに造り出すワイン。フレンチオークの中でも最高級と言われているアリエ産とトロンセ産の1回使用済みの樽で熟成後、清澄・無濾過で瓶詰めします。古樹ならではのシルキーなタンニンと丸みを帯びた果実味、濃厚なエキス分を堪能できる仕上がりです。

【品種:グルナッシュ95%、ムールヴェードル5%】

並べ替え:
在庫状況:

3 件中 1~3 件を表示

GIGONDAS VIEILLES VIGNES
タルデュー・ローラン
タイプ:赤ワイン サイズ: 750ml ~
生産地: > フランス > ローヌ
説明: ローヌの革新者、タルデュー・ローラン。 果実の濃厚なエキス分を堪能できる 樹齢100年のグルナッシュで手掛ける、とっておきのジゴンダス。
5,200 円 ~
2014年 5,200円
2013年 5,200円
[4.6]
GIGONDAS
ドメーヌ・デ・ボスケ
タイプ:赤ワイン サイズ: 750ml ~
生産地: > フランス > ローヌ
説明: 各評価誌絶賛のジゴンダスNo.1ワイナリー。 凝縮した果実味と奥行きのある味わい。 妖艶な香りとしなやかなタンニンに魅了される逸品。
3,800 円 ~
2014年 3,800円
[4.0]
LES PALLIERES GIGONDAS TERRASSE DU DIABLE
ヴュー・テレグラフ
タイプ:赤ワイン サイズ: 750ml ~
生産地: > フランス > ローヌ
説明: 南フランスで今最も注目を集める造り手がジゴンダスで造る 「悪魔」という名に反したエレガントなキュヴェ。 ジゴンダスの常識を覆すほどの繊細で柔らかな味わい。
4,500 円 ~
2014年 4,500円
2013年 4,500円

3 件中 1~3 件を表示

関連リンク

全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料600円 (648円 税込)
クール代200円 (216円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club 楽天ペイ
ほか、代金引換、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ