2018年9月 よりどり3本1万円
シャトー・フォンレオー シャトー・フォンレオー シャトー・フォンレオー
※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。


シャトー・フォンレオー

CH.FONREAUD

2006年  750ml
3,500 円 (3,780 円 税込)
35 ポイント獲得!

総合評価:

4.0

数量: 
マスターオブワイン、ジャンシス・ロビンソン女史が
「実にバランスの整ったハンサムなワイン」と称賛する、
クリュ・ブルジョワの域を超える1本。
生産者 シャトー・フォンレオー
CH.FONREAUD
タイプ ワイン > 赤ワイン
品種
おすすめ料理 すき焼き、トマトソースのパスタ、カマンベールチーズ
生産地 > フランス > ボルドー > その他ボルドー
シーン デイリーワイン
  • 01

    2006 750ml

    3,500 円 (3,780 円 税込)

    35 ポイント獲得!

    このヴィンテージについて

    2006年のボルドーは、7月の猛暑による影響でブドウの粒は小さく、8月は糖度とフェノール化合物が増加するのに適した穏やかで乾燥した天候でした。9月中旬の降雨の頃には、すでにリッチで凝縮した果実が実り、ワインは豊かな果実味と繊細なアロマを持ったクラシカルなスタイルに仕上がりました。

    グラスに注ぐと、プラムやカシスのジャムを思わせるどこか温かみのある香りに、紅茶や土、なめし革、甘草、マッシュルームといった熟成を感じさせるニュアンスも徐々に現れてきます。口に含むとこなれたタンニンがあり、滑らかかつ洗練された印象。程よい酸や果実味、少しシャープなミネラルにより全体が引き締められており、非常に良くバランスがとれています。

    カベルネ・ソーヴィニヨン

    メルロ

    プティ・ヴェルド

    数量:

マスターオブワイン、ジャンシス・ロビンソン女史が
「実にバランスの整ったハンサムなワイン」と称賛する、
クリュ・ブルジョワの域を超える1本。

フランス・ボルドー地方の中でも、コストパフォーマンスに優れたシャトーがひしめくサン・ジュリアンにほど近いリストラック村。メドック格付け第2級のデュクリュ・ボーカイユのオーナーファミリーが、リストラックのテロワールの素晴らしさに惚れ込みシャトーを取得するなど、近年注目されている地域となっています。

こちらのシャトー・フォンレオーについてマスターオブワインとして知られるジャンシス・ロビンソン女史が、「実にバランスの整ったハンサムなワイン。同じヴィンテージの他のクリュ・ブルジョワ級のワインに比べ群を抜いて素晴らしい」と大絶賛するほど、ボルドーラヴァーならずとも全てのワインラヴァー注目の1本です。数量限定入荷のこの機会に、ぜひお買い求めください。

2003年にブルジョワ級へと格上げした、歴史あるシャトー。

シャトー・フォンレオーは、フランス ボルドー地方のジロンド河左岸、少し内陸に入った地域であるリストラックに位置するシャトー。尖塔を持つ中央塔がそびえる、左右対称の形が印象的な白いシャトーで、17世紀には既にセラーが造られていたという、歴史あるシャトーです。フォンレオー(元は、"Font-reaux")という名は、「王の泉」(royal fountain)を意味しています。伝説によれば、12世紀にイギリス国王アキテーヌ公アリエノールの夫であるヘンリー2世(アンリ・プランタジュネ)が、庭園にある新鮮な泉で喉の渇きを潤すため、この地に立ち寄ったと言われています。

シャトーが建てられた歴史は古く、1855年まで遡ります。1962年、現オーナーファミリーであるシャンフロー家がかかわることになり、ワイン醸造家としてアルジェリアへと渡っていた現当主の祖父、レオ・シャンフロー氏が家族と共にボルドーへと戻った後、シャトーを所有することとなりました。
レオ氏は当時、畑の整備と土壌に適した品種の植え替えなどを積極的に実施。1970年にレオ氏が亡くなった後は、息子マルセル氏がその意志を受け継ぎました。
さらに1981年以降現当主であるジャン氏が跡を継いだ後は、美しい味わいが口の中へとじっくりと広がっていくようなワインを目指し、品種改良を実行。その結果造られるワインは、よりテロワールを引き出した熟したタンニンや繊細なストラクチャーをもつ美しいスタイルへと変貌を遂げ、見事2003年の格付けでブルジョワ・シュペリュール級に格上げされるに至っています。

メドックで最も標高の高い地区で造られる、
テロワールが引き立てられたエレガントなスタイル。

シャトーのあるリストラック地区はメドックで最も標高が高い立地。シャトーが所有する畑は、砂利も多くみられるものの、粘土質の混じった土壌から、柔らかなタイプのワインが造られています。土壌との相性の良い品種を選択することによりテロワールが引き立てられ、その多様性や豊かさがワインの中にはっきりと表現されています。

発酵においては、温度調節のついた極小サイズの発酵槽を使うことで、区画ごとの個性やニュアンスを際立てて表現しています。樽熟成で仕上げられており、ワインは丸みがあり、ビロードのようにしなやかな骨格を魅せながら、熟したタンニンが口の中で花開く特徴を持っています。



関連情報

シャトー・フォンレオー
CH.FONREAUD

2006年   750ml   3,500 円 (3,780 円 税込)
数量: 
買い物カゴ_2

▲ページ上部に戻る

クチコミ

カスタマー評価の平均値

4.0
星5つ 0
星4つ 3
星3つ 0
星2つ 0
星1つ 0
コスパ 4.7
香り 4.0
ボリューム 3.7
余韻の長さ 3.7

クチコミ件数:3

gamera さん

12件のクチコミ

投稿者情報:カジュアルドリンカー

2017/11/14

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

まさに飲み頃

2009年のお手頃価格ということで、なんとなく買ったのですが、大当たり。
コルクを開けたとたん、芳醇な香りが拡がり、味もカドがなく、まさに飲み頃でした。

ワイン飲み倒れ さん

6件のクチコミ

投稿者情報:ワインが趣味

2017/11/8

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

2009年ボルドーのエッセンスを感じる

イチゴとかチェリーのコンポートを思わせる幸せな甘やかさ。アルコールは結構ガツンと来て収斂性もしっかり。2009年ボルドーの芳醇さは、あらゆるシャトーで表現されているようです。焼き豚(甘辛タレ)とグラハムブレッドのサンドとマリアージュが最高でした。

イタリア大好き さん

7件のクチコミ

投稿者情報:カジュアルドリンカー

2017/11/4

  • コスパ

  • 香り

  • ボリューム

  • 余韻の長さ

2009のボルドー 存在感抜群

いつもイタリアワインを中心に楽しんでいますが、今回は2009のボルドーを楽しんでみました。値段も高くなかったので、あまり期待していませんでしたが、コルクを抜き、30分ほど置いて、グラスに注ぐと、立ち上る個性的な香り、そして一口含めば私はボルドーという主張が口に広がります。改めてフランスの力を実感!!

すべて表示する

シャトー・フォンレオー
CH.FONREAUD

2006年   750ml   3,500 円 (3,780 円 税込)
数量: 
買い物カゴ_3
全てのカテゴリー
↑PAGETOP
お届けについて

●毎日出荷、即日出荷可能!

完全温度・湿度管理のワイン専用倉庫から、毎日出荷しています。 午前9:00までのご注文に限り、即日出荷可能!

お届け日数はこちら

●配送料金

配送料660円 (712円 税込)
クール代300円 (324円 税込)
代引き手数料300円 (324円 税込)
税抜き10,000円以上お買い上げの方は送料無料

お支払い方法について

●クレジットカード払い

ご利用頂けるクレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICANEXPRESS、DINERS CLUBとなります。
VISA/Master Card/JCB/American Express/Diners Club
Amazon Pay 楽天ペイ
ほか、代金引換、Amazon Pay、楽天ペイ、ECON、コンビニ後払い、銀行振り込みでのお支払いが可能です。

クラブエノテカVISAカードならとってもお得!
よくあるご質問

エノテカでのお買い物について、よくあるご質問とその答えをご用意しました。

よくあるご質問
お問い合わせ

0120-81-3634
[ 受付時間 10:00-18:00 ] (年中無休)

メールでのお問い合わせ