0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
ゴールデンウィーク福袋
ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ グラン・クリュ ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ グラン・クリュ ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ グラン・クリュ
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
BIENVENUES BATARD MONTRACHET GRAND CRU

BIENVENUES BATARD MONTRACHET GRAND CRU

Price:80,000 Yen (86,400 Yen (Tax included)) ~

総合評価:

  • 01

    2015 750ml[Full]

    120,000 Yen (129,600 Yen (Tax included))

    WA 94WS 96

    1200 Points!

    About Vintage

    Out of stock

  • 02

    2009 750ml[Full]

    80,000 Yen (86,400 Yen (Tax included))

    800 Points!

    About Vintage

    Out of stock

シャサーニュ・モンラッシェ村の頂点に君臨し、
ブルゴーニュで3本の指に入る白ワインの名手ドメーヌ・ラモネ。

シャサーニュ村に本拠を置き、世界中から高い評価を受けています。

1920年代前半、ピエール・ラモネ氏がドメーヌを創設。
ドメーヌ設立当時から元詰を開始し、その後、息子のアンドレ氏に引き継がれます。
アメリカ市場に紹介されたことが、世界最高の白ワイン生産者の1人として、
今日の名声を獲得するきっかけとなりました。

ピエール氏が最初に購入したのは約1.5haのシャサーニュ・モンラッシェの一級畑レ・リュショット。
現在はシャルドネの畑10ha、ピノ・ノワールの畑7haの合計17haを所有し、
さらにシャサーニュ・モンラッシェ村とその北隣の村、ピュリニー・モンラッシェ村に
全23にも上るアペラシオンの畑を所有しています。

初代ピエール氏は、1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、
醸造自体は意外にもシンプル。 また安易に評論家などを利用したり、
批評されることを好まず、それでありながらもここまで人気があるのは、
紛れもなく、畑での細やかな作業によって産み出される、ブドウの質の高さに尽きます。

その後アンドレ氏の息子ノエル氏とジャン・クロード氏の
ラモネ兄弟が引き継ぎ、その名声を更に高めています。
エネルギッシュな彼らは、代々受け継がれてきた、
良いワインを造るためには収量を制限することが大切という哲学
のもと、
樹齢の高いブドウの樹を大切に育て、選び抜かれたブドウのみを使用。
モンラッシェに至っては平均樹齢75年の古樹が植えられています。

現在はノエル氏がブドウ畑を所有、栽培に専念しています。
ジャン・クロード氏はネゴシアンとしてノエル氏が育てたブドウを使用し、
「ジャン・クロード・ラモネ」の名前でワインを販売。
以前とブドウ畑・醸造法は変わらず、ラモネの名声をさらに高めようと躍進しています。

醸造に関しては、白ワインは空圧式プレス機で圧搾後、
前清澄を経ずにそのままステンレスタンクでアルコール発酵。
発酵温度は20〜22度で、3〜4日間と比較的短い期間行います。
ラモネは樽香が果実味やテロワールを隠すことを大変嫌うために、
新樽の使用率は30〜35%と低めに設定し、熟成を行います。

また、樽の種類はアペラシオンによって細かく分けて使用しており、
例えば地続きの隣同士の畑であるバタールとヴィアンヴニュ・バタールでも使用する樽を変えています。

収穫量や採算などよりも品質を第一に考えて造られるラモネのワインは、
生産量も僅か、昔から入手困難を極めています。
その入手困難さゆえ、まだまだ世界に比べ日本では認知度が低い造り手の一人です。

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (712 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (324 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (324 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)