0
0 ( 0 Yen ) Free delivery for 10,000 yen or more (net of tax)
よりどり 10本1万円
コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ
※ 一部ワインショップでは商品のお取扱いがない場合もございます。
CORTON CHARLEMAGNE GRAND CRU

CORTON CHARLEMAGNE GRAND CRU

Price:50,000 Yen (55,000 Yen (Tax included)) ~

総合評価:

  • 01

    2015 750ml[Full]

    50,000 Yen (55,000 Yen (Tax included))

    WA 93

    500 Points!

    About Vintage

    Quantity:
  • 02

    2014 750ml[Full]

    50,000 Yen (55,000 Yen (Tax included))

    WA 92-94

    500 Points!

    About Vintage

    Quantity:

天才的手法で他を圧倒するブルゴーニュ最高峰ドメーヌの1つ。
アリゴテが加えられて造られる、ポンソし渾身の白ワイン。
甘美な果実味に凛とした酸が魅力の偉大なグラン・クリュ。


特級畑、クロ・ド・ラ・ロッシュの最大の生産者であり、
モレ・サン・ドニの老舗名門ドメーヌであるポンソ。

同じくモレ・サン・ドニを本拠地とするデュジャックと双璧をなし、
その収量の少なさや自然栽培へのこだわりでは、ルロワと並び賞される、
まぎれもないスタードメーヌです。

ポンソは、設立当初から所有しているクロ・ド・ラ・ロッシュに加えて、
クロ・サン・ドニ、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ヴージョといった、
数々の特級畑
から素晴らしいワインを造り出しています。
さらに、2009年にはコルトン、コルトン・シャルルマーニュ、コルトン・ブレッサンド、
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、2010年にはモンラッシェなどを新たにリリース
し、
そのラインナップはさらに豪華なものとなっています。
ブルゴーニュファンなら一度は味わってみたい
ラインナップを揃えた造り手こそが、ポンソなのです。

ポンソのワイン造りへのこだわりは特筆すべきものがあります。
クローンの開発や雹害防止ロケットの使用、温度センサーつきラベルの採用などの革新的な技術を
取り入れ、地道な努力を惜しみません。
自然派ワインというジャンルが生まれるはるか前の1977年から、
化学薬品を使用しない自然栽培を行い、
グリーンハーベストに頼らない剪定による収量制限をしています。その収穫量15hl/haと超低収量
これは、ロマネ・コンティの収量を下回る少なさなのです。
収穫はコート・ド・ニュイで最も遅く、全て手作業によって収穫し、選果は必ずブドウ畑で行います。

ポンソがワイン造りで最も大切にしていることは、デリケートさ、エレガンス、フィネスの表現
こうした地道な作業から生まれるワインは、
ブドウ本来のエキスとうまみが強く、透明感のある仕上がりとなり、
このピュアな味わいこそが、ポンソの最大の魅力なのです。

こちらのコルトン・シャルルマーニュは、2009年がファーストヴィンテージ。
2009年にポンソが初リリースした4つのグラン・クリュの一つです。
ポンソ氏いわく、「新しいオーク樽を使わずにつくられる、唯一のコルトン・シャルルマーニュ」であり、
アリゴテを40%使っているのが特徴。
ポンソの幻のワインと言われる「モン・リュイザン」と同じく、
ワインラヴァーなら見逃せない、注目の白ワイン
です。

2012年のブルゴーニュ地方は、春先は気温が低く、
更に開花時期の6月に雨や雹が続いたためブドウの生育が懸念されました。
しかしブドウの成熟期である7月から9月まで暑い天候に恵まれ、
小粒ながら凝縮度の高いブドウが結実。
洗練された酸をもつ美しい仕上りで、
数年の熟成を経ることでよりクオリティの高いワインに変貌する
ポテンシャルを秘めています。


外観は輝きのある黄金色。
洋ナシ、リンゴの花やシトラスに、
蜂蜜のニュアンスも感じるゴージャスで複雑な芳香。
口に含むと、シャープで活力のある酸と重厚な果実味がとても 魅力的です。

蜜のような濃厚な果実味とテクスチャーに、凛とした酸が調和する、
甘美な味わいを讃えた至高の1本です。


評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて90-92点を獲得



品質に対する取り組み

熟成に適した独自の合成コルク
ポンソでは、天然コルクは酸素透過が不確実であり、ワインの熟成に最適ではないと考え、2008年ヴィンテージより独自の合成コルクを使用しています。この合成コルクは、過度な酸素の透過を避けることができ、従来の合成コルクの問題として挙げられる、伸びによる瓶口との間の密着度の低下について改良しています。長期熟成を想定した実験が行われ、非常に長い期間の熟成において理想的なコルク栓であるということが証明されています。また、この合成コルクは、抜いた後も再度、瓶に栓をすることが可能です。

保管状況を示す温度センサー

ポンソのラベルには、温度センサーの役割を果たす特殊なインクが用いられています。通常、黄色の部分が、瓶内温度が28度に達するとオレンジ色へ変化するようになっており、一度色が変化すると、元に戻ることはないため、ワインの輸送・保管時の温度が適正であったかどうかの目安となります。1999年より導入されていますが2009年に大幅に改良され精度が高まりました。

偽造品対策  ポンソでは偽造品対策として、以下の一連の対応をとっています。
封印シール
2009年ヴィンテージから、すべてのプルミエ・ク リュとグラン・クリュのボトルのキャップシールの部分に封印シールが貼られています。シールには、複製が不可能な泡状の模様が示されており、ワイナリーで登録されたシールの情報と実際のボトルの模様を、専用サイトにて照合することで、正規品であることが証明されます。 プルーフタグ認証サイト www.prooftag.com
キャップシールとラベル
詳細仕様は機密情報のため明かされていませんが、正規品と偽造品との区別ができる、独自のキャップシールとラベルを採用しています。
ボトル
2008年ヴィンテージから、フルボトルとマグナムボトルの底にドメーヌ名を入れています。

※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

天才的手法で他を圧倒するブルゴーニュ最高峰ドメーヌの1つ。
アリゴテが加えられて造られる、ポンソし渾身の白ワイン。
甘美な果実味に凛とした酸が魅力の偉大なグラン・クリュ。


特級畑、クロ・ド・ラ・ロッシュの最大の生産者であり、
モレ・サン・ドニの老舗名門ドメーヌであるポンソ。

同じくモレ・サン・ドニを本拠地とするデュジャックと双璧をなし、
その収量の少なさや自然栽培へのこだわりでは、ルロワと並び賞される、
まぎれもないスタードメーヌです。

ポンソは、設立当初から所有しているクロ・ド・ラ・ロッシュに加えて、
クロ・サン・ドニ、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ヴージョといった、
数々の特級畑
から素晴らしいワインを造り出しています。
さらに、2009年にはコルトン、コルトン・シャルルマーニュ、コルトン・ブレッサンド、
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、2010年にはモンラッシェなどを新たにリリース
し、
そのラインナップはさらに豪華なものとなっています。
ブルゴーニュファンなら一度は味わってみたい
ラインナップを揃えた造り手こそが、ポンソなのです。

ポンソのワイン造りへのこだわりは特筆すべきものがあります。
クローンの開発や雹害防止ロケットの使用、温度センサーつきラベルの採用などの革新的な技術を
取り入れ、地道な努力を惜しみません。
自然派ワインというジャンルが生まれるはるか前の1977年から、
化学薬品を使用しない自然栽培を行い、
グリーンハーベストに頼らない剪定による収量制限をしています。その収穫量15hl/haと超低収量
これは、ロマネ・コンティの収量を下回る少なさなのです。
収穫はコート・ド・ニュイで最も遅く、全て手作業によって収穫し、選果は必ずブドウ畑で行います。

ポンソがワイン造りで最も大切にしていることは、デリケートさ、エレガンス、フィネスの表現
こうした地道な作業から生まれるワインは、
ブドウ本来のエキスとうまみが強く、透明感のある仕上がりとなり、
このピュアな味わいこそが、ポンソの最大の魅力なのです。

こちらのコルトン・シャルルマーニュは、2009年がファーストヴィンテージ。
2009年にポンソが初リリースした4つのグラン・クリュの一つです。
ポンソ氏いわく、「新しいオーク樽を使わずにつくられる、唯一のコルトン・シャルルマーニュ」であり、
アリゴテを40%使っているのが特徴。
ポンソの幻のワインと言われる「モン・リュイザン」と同じく、
ワインラヴァーなら見逃せない、注目の白ワイン
です。

2012年のブルゴーニュ地方は、春先は気温が低く、
更に開花時期の6月に雨や雹が続いたためブドウの生育が懸念されました。
しかしブドウの成熟期である7月から9月まで暑い天候に恵まれ、
小粒ながら凝縮度の高いブドウが結実。
洗練された酸をもつ美しい仕上りで、
数年の熟成を経ることでよりクオリティの高いワインに変貌する
ポテンシャルを秘めています。


外観は輝きのある黄金色。
洋ナシ、リンゴの花やシトラスに、
蜂蜜のニュアンスも感じるゴージャスで複雑な芳香。
口に含むと、シャープで活力のある酸と重厚な果実味がとても 魅力的です。

蜜のような濃厚な果実味とテクスチャーに、凛とした酸が調和する、
甘美な味わいを讃えた至高の1本です。


評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて90-92点を獲得



品質に対する取り組み

熟成に適した独自の合成コルク
ポンソでは、天然コルクは酸素透過が不確実であり、ワインの熟成に最適ではないと考え、2008年ヴィンテージより独自の合成コルクを使用しています。この合成コルクは、過度な酸素の透過を避けることができ、従来の合成コルクの問題として挙げられる、伸びによる瓶口との間の密着度の低下について改良しています。長期熟成を想定した実験が行われ、非常に長い期間の熟成において理想的なコルク栓であるということが証明されています。また、この合成コルクは、抜いた後も再度、瓶に栓をすることが可能です。

保管状況を示す温度センサー

ポンソのラベルには、温度センサーの役割を果たす特殊なインクが用いられています。通常、黄色の部分が、瓶内温度が28度に達するとオレンジ色へ変化するようになっており、一度色が変化すると、元に戻ることはないため、ワインの輸送・保管時の温度が適正であったかどうかの目安となります。1999年より導入されていますが2009年に大幅に改良され精度が高まりました。

偽造品対策  ポンソでは偽造品対策として、以下の一連の対応をとっています。
封印シール
2009年ヴィンテージから、すべてのプルミエ・ク リュとグラン・クリュのボトルのキャップシールの部分に封印シールが貼られています。シールには、複製が不可能な泡状の模様が示されており、ワイナリーで登録されたシールの情報と実際のボトルの模様を、専用サイトにて照合することで、正規品であることが証明されます。 プルーフタグ認証サイト www.prooftag.com
キャップシールとラベル
詳細仕様は機密情報のため明かされていませんが、正規品と偽造品との区別ができる、独自のキャップシールとラベルを採用しています。
ボトル
2008年ヴィンテージから、フルボトルとマグナムボトルの底にドメーヌ名を入れています。

※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

PAGE TOP

竊善AGETOP
Delivery charge 660 yen (726 yen tax included)
Optional charge
Refrigerated Delivery 300 yen (330 yen tax included)
Cash on delivery 300 yen (330 yen tax included)
Order cut-off time: 9:00am
Orders received before 9 am will be processed for the same day shipping. (Actual delivery date may vary depending on the destination)