<img height="1" width="1" style="display: none" src="https://www.facebook.com/tr?id=123150041756204&ev=PageView&noscript=1" />

エノテカオンライン

モンテスキャンペーン

今こそ知りたい!注目のイタリア土着品種8選

500種を超える固有のブドウ品種が根付き、土着品種の宝庫として知られるイタリア。アルプス山脈の南側から地中海に張り出した細長い地形のイタリアは、温暖で日照にも恵まれ、各地で様々な地形や気候、そして土壌を持ちます。地域毎では適したブドウ品種が育ち、昔から生産者たちは独自の栽培方法を代々継承。自らのスタイルや伝統的な技術を守ってきました。


そんな数々の土着品種の中でも、サンジョヴェーゼやネッビオーロなどはイタリアのメジャーなブドウ品種として知名度が高いですが、イタリアにはまだまだ知られていない、魅力に溢れる土着品種が多数存在します。こちらのページでは、ワインのプロフェッショナルや愛好家も注目する8つの個性的なブドウ品種と、品種の魅力を知れるおススメのワインを厳選してご紹介!現在世界中で土着品種や伝統的な技術を守る取り組みがトレンドとなっている中、改めて注目が集まっているイタリアの土着品種。この機会に、新たなイタリアワインの魅力を探ってみませんか?

目次

話題のイタリア土着品種を厳選!おすすめの8銘柄

ブルゴーニュ好き必見!気品高くも気取らなさが魅力の「ネレッロ・マスカレーゼ」

その人気さゆえ、市場の需要に供給が追いつかないブルゴーニュワインの価格高騰が著しい中、今注目が高まるのがネレッロ・マスカレーゼです。シチリアを代表するブドウ品種で、ピノ・ノワールやネッビオーロのように、赤果実の華やかなアロマときめ細やかなタンニン、凛とした酸を備える黒ブドウ。活火山エトナ有するシチリアは、高い標高で冷涼な気候と、様々な地層の土壌を持つテロワールで、そんな産地で育つ上質なネレッロ・マスカレーゼからは、エレガンスや複雑味が感じられます。

ピノ・ノワールやネッビオーロとも比較されることの多いネレッロ・マスカレーゼ。ワイン・スペクテーターにおいても「果実のフレッシュかつ力強いストラクチャーからは、バローロやブルゴーニュの有能な生産者が造るワインを思い起こさせる。」とコメントされています。中でも標高が高いエトナのエリアは、気候変動の中、冷涼地域を求める昨今で大注目されている産地。イタリアワイン界のトップ生産者ガヤの当主アンジェロ氏も、このエリアについて「エトナはランゲと同じく、エレガントで謎めいた魅力的なワインを造ることができる場所。」と語っています。そんな複雑でエレガントな味わいの1本をぜひお愉しみください。

アロマ画像1 イッダ・ロッソ アロマ画像2

帝王ガヤによる新たなプロジェクト。高い標高による冷涼な気候と複雑な土壌構成から生まれる、ブルゴーニュを彷彿させる上品な味わい。


イッダ・ロッソ

イッダ
4.0 (5)
ライトボディ
3
フルボディ

2019

5,500

(税抜価格5,000円)

  • D 94
  • JS 96
  • V 92
  • WA 93
  • WE 93

南のバローロとも呼ばれる、力強く優雅な味わいの「アリアニコ」

アリアニコは南イタリアのカンパーニアを代表する偉大なワイン、DOCGタウラージで知られるイタリア最古とされる黒ブドウ品種です。ブドウは晩熟で、ワインは力強いタンニンと際立った酸味のしっかりとした骨格を持つ、長期熟成タイプ。深い色合いと濃厚な果実味が魅力のフルボディの仕上がりが特徴です。熟成するとバラやダークチョコレートのアロマが表れ、味わい深い優雅な印象を醸します。

近年の醸造技術の向上により、イタリアの高級ワインであるバローロで有名な品種、ネッビオーロとも肩を並べる品質を誇ると注目が集まるアリアニコ。それを証明するかのように、評価誌のワイン・エンスージアストでは、「南のバローロと称される、火山性土壌由来の赤ワイン」としてアリアニコのワインが多数紹介されました。濃厚な味わいでフルボディのワインのため、シンプルに焼いたお肉や煮込み料理との相性が抜群です。

アロマ画像1 アリアニコ・デル・ヴルトゥーレ・ピポリ アロマ画像2

バジリカータ州の休火山の名を冠したワイナリー。火山灰土壌と樹齢の高さが生む複雑味が魅力の、ジューシーかつ厚みのある味わい。


アリアニコ・デル・ヴルトゥーレ・ピポリ

ヴィニエティ・デル・ヴルトゥーレ
4.3 (7)
ライトボディ
5
フルボディ

2019

1,980

(税抜価格1,800円)

造り手によって様々な表情を見せる「コルヴィーナ・ヴェロネーゼ」

イタリア北部の大ワイン産地ヴェネトで、DOCヴァルポリチェッラやDOCGアマローネの主要品種として広く栽培されている黒ブドウ品種です。ヴァルポリチェッラなどの早くから愉しめるタイプは、レッドチェリーやハーブのアロマが心地の良い、フレッシュな味わいのスタイル。一方上級クラスの長期熟成タイプは、陰干しや、ブドウの搾りかすを加えるリパッソという技法を用いて、濃厚な黒果実やスパイスのアロマが香り立つ、リッチな味わいに仕立てられます。

生産者の造り方によって色々な表情を見せるコルヴィーナ・ヴェロネーゼ。従来は濃く甘い味わいのイメージが強かったものの、昨今では多様なスタイルにより変化しつつあります。ワイン評価誌ヴィノスは品種について、「ポテンシャルは非常に高く、ワインになると果実の深みと凝縮感、そしてストラクチャーがゆっくりと開花する。」とコメント。サラミやハードチーズと共に、飲み比べてみるのも面白いですね。

アロマ画像1 ヴァルポリチェッラ・スペリオーレ アロマ画像2

「イタリアNo.1生産者」に輝いた名門。滑らかな口当たりとコクのある味わいが魅力の、ワンランク上のヴァルポリチェッラ。


NEW

ヴァルポリチェッラ・スペリオーレ

アレグリーニ
4.5 (6)
ライトボディ
3
フルボディ

2019

3,520

(税抜価格3,200円)

魚にも合う!地中海の陽気な太陽を思わす、軽やかな果実味が魅力の「フラッパート」

土着品種の宝庫である地中海最大の島シチリアで、気軽に料理とのペアリングを愉しめることで注目されている黒ブドウ品種、フラッパート。透明感のあるチェリーレッドの色合いが美しく、レッドカラントやイチゴのアロマがチャーミングな赤ワインに仕立てられます。このフードフレンドリーなスタイルが、シチリアを燦燦と照らす太陽や現地の陽気な人々を想像する、とても明るく親しみやすい味わいです。

シチリアのブドウ品種と言えば、ネロ・ダヴォラやネレッロ・マスカレーゼにスポットライトが当たりがちですが、ここで外せないのがフラッパート。評価誌のワイン・スペクテーターにおいても「フラッパートこそ、もう1つの注目すべきシチリアのブドウ品種である。」と掲載される土着品種です。ピュアでブドウ本来の味わいが魅力のワインで、お肉はもちろんのこと、イワシや白身魚などの魚介類や、トマトやナスといった夏野菜との相性抜群。軽く冷やして召し上がるのもおすすめです。

アロマ画像1 フラッパート アロマ画像2

自然なワイン造りに力を注ぐ、シチリアを代表する造り手。生き生きとした赤果実のアロマで、幅広い食事と愉しめるチャーミングな赤ワイン。


NEW

フラッパート

コス
4.5 (2)
ライトボディ
4
フルボディ

2020

3,630

(税抜価格3,300円)

他にはない透明感溢れる繊細な白ワイン品種「リボッラ・ジャッラ」

リボッラ・ジャッラは、主に北イタリアのフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア東部と、その地域に隣接するスロヴェニアで栽培されている白ブドウ品種。フリウリでは少なくとも13世紀には栽培されていたという記録が残っており、非常に長い歴史を誇ります。ワインはなんと言ってもフレッシュな酸味とミネラル感が魅力。またオレンジワインでは、心地良い苦味を持ち合わせていることが多いため、幅広い料理と合わせることができます。

フリウリのごく限られた地域でしか育たない、非常に稀少な土着品種リボッラ・ジャッラ。オレンジワインや自然派ワインの流行により、栽培面積が増加しています。また、同時にイタリア各地で土着品種の見直しが進んでいることも増加を後押し。今となっては新しいワインジャンルを生み出したブドウとして世界が注目しています。ワインから感じられるのはシトラスや白い花々のアロマと、若いアーモンドのニュアンス。一度味わうと虜になる、白ワイン好き注目の品種です。

アロマ画像1 ヴィナーエ アロマ画像2

北イタリアの白ワインの名手イエルマン。華やかなアロマに包まれた、フレッシュな酸と心地良い苦味が魅力の1本。


NEW

ヴィナーエ

イエルマン
4.1 (23)
ライトボディ
3
フルボディ

2019

4,290

(税抜価格3,900円)

  • JS 92
  • WE 92
  • WS 90

輝きを取り戻したエレガントな白ブドウ品種「コルテーゼ」

ピエモンテを代表する白ワイン、ガヴィの主要品種コルテーゼ。イタリアで栽培されているうち、およそ9割がこのピエモンテ産といわれるほど、この地域ならではの白ブドウ品種です。ワインはリンゴやスイカズラの洗練されたアロマと、骨格を成す酸やミネラル感が特徴。特にDOCGガヴィ・ディ・ガヴィは、土壌に由来するフィネスと深みにより、品種のエレガンスを存分に堪能できます。

コルテーゼは20世紀後半以降に流行したものの、その反面生産量が急増したために、品質の低下から一時的にその勢いが失速。しかし近年では、情熱的な若い生産者達によりブドウの品質が大きく向上しています。今日求められる繊細なワインの流行に応えるような、フレッシュでエレガントな味わいに世界が再度注目しているブドウ品種です。

アロマ画像1 グリフォ・デル・クアルタロ ガヴィ・ディ・ガヴィ アロマ画像2

ピエモンテ・ロエロ地域最古の造り手。しっかりとしたボディとシャープな酸が特徴の、繊細で香り高い白ワイン。


グリフォ・デル・クアルタロ ガヴィ・ディ・ガヴィ

エンリコ・セラフィーノ
4.3 (15)
ライトボディ
1
フルボディ

2020

2,860

(税抜価格2,600円)

  • JS 90
  • WA 90

高い熟成のポテンシャルを持ちながら、気軽にも愉しめる万能品種「ヴェルディッキオ」

ヴェルディッキオは、主にイタリア中部のマルケ州で栽培される白ブドウ品種。果皮が緑色であることが特徴であり、緑を意味する「ヴェルデ」からヴェルディッキオという名が付いたとされています。造られるワインはフレッシュでフルーティーな味わいから、フルボディの長期熟成ワインまで幅広いタイプを生み出します。酸とミネラル感がしっかりしているため長期熟成ポテンシャルもあり、熟成させるとドライフルーツやマッシュルームなどの複雑な風味へと変化。ニュートラルながらも品種個性の芯をしっかりと持っています。

近年では品種の個性が際立つワインが多く生産されるようになり、ワイン評論家達に改めて注目されているヴェルディッキオ。ワイン評価誌のヴィノスでは「ヴェルディッキオこそ、注目されるべき品種でまだ十分知られていない。若いうちは食事とも合わせやすい、驚くほどフレッシュなスタイルが特徴だが、少なくとも10年は熟成できるポテンシャルも兼ね備えている。」と高評価しています。イタリアの白ワインの中で最も食事に合わせやすい懐深い品種とも言われており、和洋折衷様々な料理が並ぶ日本の食卓で活躍すること間違いなし。ぜひお家に常備したいワインの一つです。

アロマ画像1 ポディウム ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ アロマ画像2

ヴェルディッキオの偉大なポテンシャルを示すステンレス熟成によって造られた逸品。10年もの熟成に耐える唯一無二のフィネスあるスタイル。


NEW

ポディウム ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ

ガロフォリ
4.5 (2)
ライトボディ
4
フルボディ

2018

3,520

(税抜価格3,200円)

古代より愛されるイタリア屈指の白ワインを生む「グレコ」

イタリア南部カンパーニアで広く栽培されている、ギリシャ由来の品種グレコ。造られるワインは華やかなアロマが特徴的で、心地よい酸味と豊かな果実味を兼ね備えています。また、多くワインに共通するのが、オイリーな口当たりと際立った酸。もちろん若いうちから愉しめますが、長い熟成にも耐えることができます。ブドウは火山灰土壌に適しており、ワインはDOCGグレコ・ディ・トゥーフォが有名。凝灰岩土壌を意味するトゥーフォにて栽培され、温暖な気候で豊かに育った上質なグレコを使用し、古代ローマ時代から高い評価を受けています。

ハーブやスパイス、柑橘のアロマが複雑に香り、凝縮した果実味とストレートな酸が実に鮮やかなグレコのワイン。評価誌ワイン・エンスージアストの一記事「フローラルからミネラル感が特徴のワインまで、イタリア南部白ワインの土着品種」の中で、グレコがイタリア南部白ワインの土着品種を代表するひとつとして紹介されました。ワインはシーフードやサラダとの相性が抜群。白身魚をカルパッチョやグリルでシンプルに合わせたり、カプレーゼとフレッシュな味わいを互いに引き立てるペアリングもおすすめです。

アロマ画像1 グレコ・ディ・トゥーフォ アロマ画像2

世界中が評価するカンパーニアワインの基礎を築いた造り手。豊富なミネラル感とふくよかな果実味が特徴の、幅広いお料理に合わせやすい1本。


グレコ・ディ・トゥーフォ

マストロベラルディーノ
5.0 (1)
ライトボディ
4
フルボディ

2020

3,080

(税抜価格2,800円)

    この記事をシェア

    商品一覧

    8 件

    おすすめ順

    関連リンク


    お買い得情報

    飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

    「人とお酒のイイ関係」ほどよく、楽しく、良いお酒。

    エノテカ株式会社はアサヒグループです。
    Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All rights reserved.